ダメージ0のルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

白髪染め アレルギー

白髪染めって、便利ですよね
ついつい月に1回とか2回とか、染めたくなるものなんでよね
生え際とか、分け目とかの白い部分が、気になるものです

なんと日本人の15歳から69歳までの女性の70%もの方が、髪を染めているという統計がありました
こうなると、日常的なことっていことですよね

でも、最近、こういった毛染めの関連で、アレルギーを起こしてしまうことがあるっていうことで、注意喚起が行われました

こういったアレルギー症状は、どうして起こるのでしょうか
それは、あの花粉症とかと同じようなメカニズムになっているんだそうです
というのも、体内に、そういった成分が、ある一定の量(個人差があるようですが)たまったときに、突然に発症するものなんだそうです

ということは、個人差はあるにしても、使い続けることで、そういったアレルギーを発症してしまう可能性というものは、誰しもありうるっていうことになるんだそうです


その原因物質とは
酸化染料と呼ばれる成分なんだそうです
列記すると
パラフェリレンジアミン
パラアミノフェノール
メタアミノフェオール
トルエン-2.5-ジアミン

これらの成分は、多くの毛染めの材料として一般的に使われているものなんだそうです

でも、アレルギーを起こすかもしれないといわれているのに、メーカーさんは、そういった成分を入れているのでしょうか
最大の理由が、染まり方が断然違うっていうことなんだそうです


毛染めをすることで、アレルギーになるのは、困る
でも、白髪のままでは、街を歩くことも、友人に会うことも、できない・・・ジレンマですね

では、こういった成分とうまく付き合っていくには、どうしたらいいのでしょうか

・初期症状を見逃さないことなんだそうです
「なんか違和感を感じる」「ちょっとかゆみが出てきた」「すこしピリピリする」
こういった症状とも呼べないような感覚を覚えたら、もしかしたら「アレルギー」かもって疑うことなんだそうです
そのまま、使い続けると、はっきりと「ヒリヒリする」「かゆい」「赤くなった」「腫れてきた」っていうより強い症状に移行してしまうものなんだそうです


・上記のような違和感は、染めたあとすぐに現れるとは、限らないんだそうです
直後なら、すぐに気が付くのですが、2~3日後に違和感が出てきたときに、染めたせいとは、想わないっていうことが、往々にしてあるんだそうです
そのころには、染めたことを忘れてしまっている可能性があるんだそうです
染めた後の2~3日間は、違和感に注意することを心がけることなんだそうです

こういった症状に気づいたら、すぐに使うのをやめて専門医を受診するようにしたほうが、いいんだそうです

 

人気通販

 

やさしく艶染め「くろめヘアカラートリートメント」

白髪染めアレルギーの方におすすめの毛染め

1位
ヘアカラートリートメント 【LPLP(ルプルプ)】
ヘアカラートリートメント 【LPLP(ルプルプ)】
2位
【くろめヘアカラートリートメント】
【くろめヘアカラートリートメント】

 


リタッチ感覚で簡単に白髪染めができます

サンカラーマックス
サンカラーマックス
© 2015 白髪染め アレルギー rss